武蔵府中マイナーリーグ/この瞬間!! 表紙を飾った過去の写真たち  
ryousuke
新チーム始動だ。エース有力候補の飯田。バッティングも力強くなってきた。試合の経験を数多く積み、チームを引っ張っていけるような選手になって欲しい。頑張れ、涼介!!

yumeka
武蔵府中リーグの紅一点、安木。いつも、ニコニコしていて、チームの人気者だ。最近は、攻守にプレーもしっかりしてきた。足の速い選手なので、足をからめた攻撃も練習して、活躍してほしい。
filler
投打に活躍の吉川。最近、バッティングも好調で、四番定着か。新チームでは、副主将も任された。より一層の活躍を期待する。


佐々木
キャッチャーが主なポジションの
佐々木だが、内野に置いても、安定感がある。バッティングも長打を期待でき、持っている力は計り知れない。



marucyan
”まるちゃん”こと、小金丸。身体能力偏差値は、武蔵府中リーグ、歴代屈指。もっともっと練習し、野球をしっかり覚えたら、とんでもない選手に成長するのではないか。行く末、期待できる選手だ。

kojiro
入部したのが遅かったので、しばらくBチームで活動していた安田。身体能力も高いと、コーチ陣からの評価も。最近は、Aチームの試合に登板する機会もでてきた。ゆくゆくは、左のエースとしての活躍を期待する。
mizushima
水 島家が送る第三の選手、蒼貴。一番上の兄は、2013年U-12に選出された「サムライ」だ。センターが主なポジションだが、兄同様、どこまでもフライを 追ってゆく。打者によって、ポジションを変えるなど、野球勘は抜群だ。打者としても。小柄ながら、パンチ力がある。チームを引っ張るような選手になって欲 しい。
やまのべ
先のドラフト会議にて、埼玉西武ライオンズから3位指名を受けた、山野辺翔選手武蔵府中シニア→桐蔭学園→桜美林大学→三菱自動車岡崎)が、閉幕式に来賓とて列席してくれました(プレゼンターは、マイナーの安木)。皆さん、応援よろしくお願いします。



宮
攻守に力を付けてきた宮。新チームスタート当時は、先発メンバーから外れることもあったが、最近は、先発での出場機会が増えてきた。もっともっと試合を経験し、春先には良い背番号を着けて、大会出場できるように頑張って欲しい。