武蔵府中マイナーリーグ/この瞬間!! 表紙を飾った過去の写真たち  
田中ホームラン
さあ、MLB杯三連覇に向かって、新チームのスタートだ!
エース候補の富田。投打に活躍を期待する。
伊藤
ホームランのスイングは、常に美しい。新チーム第1号は、伊藤だ!!  


shin
自身、初の柵越えが西東京大会で飛び出した。公式戦チーム第1号は、押田だ!!


yoshida
武蔵府中の安打製造機、吉田。守備のスペシャリストは、ホームランも打てる一番打者!!
西東京大会
西東京大会優勝。選手、父兄、スタッフで勝ち取った大会です。先ずは1冠!
西東京大会
西東京大会、メジャー・マイナー共に優勝。2012年以来、5年ぶりの兄弟優勝だ!
中川
今、売り出し中の、中川。練習では柵越え弾も。監督も大いに期待している。


miyake
三宅、覚醒!歴代、武蔵府中リトルマイナー選手の中でも屈指の破壊力。ドライブ回転でもフェンス直撃弾!!


お宝
【お宝写
真】左先頭は、楽天:茂木栄五郎選手。右先頭は、日本ハム:横尾俊建選手。その間に見える選手は、ミルウォーキー・ブルワーズ:Cooper Hummel選手。左の列、3人目は、全米女子野球代表、Bessie Noll選手
柴田コーチ
【お宝写真】新規格のバットを試し打ちする柴田コーチ(元西武ライオンズ:柴田博之選手)。何気なく打っているが、打球が凄い!!

tomita
頼れる
キャプテン富田。打球が、どんどん力強くなってきた。年を越した頃、ホームラン量産の予感。武蔵府中リトル怪物伝説に名を連ねることができるか!!

お宝
【お宝写真】
回のドラフト会議で、日立製作所:菅野剛士選手がロッテ4位で指名を受けました。茂木栄五郎選手(楽天)、横尾俊建選手(日本ハム)とマイナー時代から一緒にプレーした仲間です。
タクト
ジャストミ〜〜〜ト!新規格バット(低反発バット)
でのホームラン。三宅のパワーは、計り知れない



【上田南リーグ親善大会】
ミニ競技大会、エラー上がり部門で優勝した吉田。基本に忠実なプレーは美しい。


2017MLB杯優勝のご褒美に、IWAアカデミーからご招待を受けました。岩隈久志選手(シアトル・マリナーズ)の指導をうける選手達。
室岡
野球初心者で入部してから1年3か月の室岡。最近、Aチームでの出場機会もしばしば。監督は「伸びしろが大きい選手」と期待している。活躍を期待したい。


misawa
今年から入部した三澤。早くも、バッティング、ピッチングに頭角を現してきた。熾烈なエース争いにも参戦だ。



謙臣
水島謙臣。小柄ながらもパンチ力、瞬発力は抜群。守備位置も複数こなせるユーティリティプレーヤーだ。兄は2013年世界大会優勝メンバーで、U−12侍ジャパンにも選出されただけに、意識も高い。さあ、偉大なる兄を超えてみろ!!
tateishi
左打ちに変えてから半年ほどだが、すっかりものにした立石。入部当初は、そう目立つ選手ではなかったが、着々と実力を着け、攻守に安定感を増した。まだ混沌としたレギュラー争いに名乗りを上げる。
moriya
キャッチャー、内野、外野とこなすユーティリティプレイヤーの守屋。キャッチャーでの出場機会が多いが、外野のプレーに対しても、監督の評価は高い。小技に関しては、チーム屈指だ。
松谷
守備位置は、どこでもまかせろ!器用にこなせるユーティリティプレーヤー松谷。最近、長打の期待もできるようになった。今後の活躍に期待だ!!
ooyama
マイナー大会、準決勝戦5回裏。立石バントヒットの後、続けて大山もバントヒットを狙いに行く。これが、相手のフィルダースチョイスを誘い、貴重な追加点に繋がった。
iwataa
低反発バットでも柵越えを期待できる。3か月前に入部した岩田は、MLB杯東京予選に背番号「3」を背負って登場する。
yoshikawa
MLB杯が始まった。決勝トーナメント進出を決める一打は、満塁で代打起用の四年生、吉川。センターへはじき返し、サヨナラだ〜!!
oshida
MLB 杯決勝トーナメント二回戦に先発するは、エース番号を背負う押田。5回1失点の好投するが、それまで、得点は無し。最終回に2点をあげて逆転。その裏に三 宅がリリーフし、2アウト満塁と攻め込まれるが、最後は、セカンドに入った自身のファインプレーで、そのまま逃げ切った。
三宅
MLB杯東京大会決勝戦。4点リードからダメ押しのスリーランホームランで試合を決めたのは、頼れる主砲、三宅だ!!石巻でも大暴れするぞ〜〜。



恒川
恒川が故障から戻ってきた。パワーは、チーム屈指。MLB杯東京予選準決勝戦でも、レフトオーバーの二塁打を放つ。MLB杯全国大会のレギュラー争いに参戦だ。